言葉の壁
あっ、kiteboardingが大好きな鈴木始士です。


言葉の壁というのをテーマに少し配信(笑)


言葉とコミュニケーションの間の空間
発する言葉と、自分との間の空間

言葉という矛盾なツールを使うと、たくさんの問題を惹きつけます。

すべての人がテレパシーで繋がって、感覚を共有できたら・・・
肉体は不要です(笑)

だから
「言葉に表現してみるチカラ」

「言葉を受け取るチカラ」
そして
「受け取った言葉から理解するチカラ」

これらのフェーズで表現を成熟させていくことが、肉体をもつ醍醐味だと思います。

そのなかで、今日は「言葉に表現してみるチカラ」の側面に焦点をあてたいのですが、ズバリ

表現できなくても良い自分を赦す

スタート地点はここなのかと、今日しみじみ感じました。

表現できないと、もどかしくなる自分を許せないと、つい、自分を取り繕ってしまいますね。

このあたりは、けっこう見過ごしやすいですからね。
その見過ごした瞬間に主導権を奪われてしまう事実をよくよく認識していきたいです